評判に囚われず自分に合う予備校選びが医学部に進む近道

適正を見極める

勉強

自分の性格を知る

医学部を目指す予備校で評判の良い所は数多くあります。しかしどこを選ぶかを決める前にぜひしてほししことがあります。それは自分の性格や適性を見極めることです。評判の良いところでも、勉強方法やサポートが自分に合っていなければ良い結果は得られません。医学部専門予備校と大手予備校とでは、受講人数やサポート体制などがまったく異なります。次の性格の方は大手予備校をお勧めします。医学部合格という目標に向かって一緒にがんばれる仲間が欲しい人。仲間と競争したり、情報交換をすることでモチベーションが上がる人。自分のペースで自由時間の時間配分を管理できる人。このような人は大手予備校向きです。これとは逆で、個別もしくは少人数でしっかりとしたサポートを望む人。今後のスケジュールや計画を決めてもらった方が勉強がしやすい人。このような性格の方は医学部専門予備校がお勧めです。ただ評判が良いからといって選択するのではなく、自分の適性を見極めた上で評判の良い予備校を絞り込めば、自分に合った学校が見つけられます。

相手を知る

自分の性格にあった予備校を絞り込めたら、次に自分の目指す医学部の合格実績を見ましょう。予備校によって私立大学の医学部に実績のあるところと、国公立医学部に合格者を多く輩出しているところと分かれます。国公立を目指しているのに、私大のデータやノウハウばかり学んでも合格には繋がりません。自分に合った予備校が国公立・私大のどちらに強いかを見ることです。次に面接や小論文対策も忘れずに。小論文では原稿用紙を使って書いていくのですが、書き方が間違っていると減点されてしまうので注意しましょう。正しい書き方を学んだ上で小論文に挑む必要があるため、まずは原稿用紙の書き方から学ぶことが大切です。現在の医療業界の動向や医師に問われる資質・スキルについて聞かれることが多いので、それらの情報集めもしっかりと行っておくと良いでしょう。特に近年では高齢者の増加や、心理面への配慮なども求められています。これらをケアするには人の話を聞く力が重要となってきます。ただ合格を目指すだけでなく、そこから先にあるものも視野に入れてがんばりましょう。

勉強効率を上げる為に

勉強道具

家庭教師の特徴は、大学受験を強力にサポートしてくれることで、効率よく学生が勉強できるような工夫が沢山あります。また、マンツーマンで勉強をサポートしてくれることで、知識習得もしやすくなります。そして、注意することは申込をする前に授業料について良く相談をすることと資料請求をすることです。

もっと見る

大学まで行くために必要

講師

大学までスムーズに行くためには、塾のゼミ合宿参加がお勧めです。泊まり込みで集中的に学習できる環境となっているからです。自宅では勉強ができないという人に適しています。また、みっちりと決められた時間の学習なので集中力も高まります。

もっと見る

医学部へ進学希望の方へ

先生と生徒

将来医師を目指すなら医学部へ進学するのは必須条件ですが、現役合格するためにはかなりの努力が必要です。浪人し、福岡で医学部予備校を探すなら地域密着型の予備校がおすすめです。大手とは違った生の授業は人気もあり合格者数も毎年増えてきています。

もっと見る